通信・エリア

独自の通信ネットワークにより、接続エリア急拡大中

サービスエリア

2021年9月27日更新

※2021年9月6日時点のデータです。

※2021年10月より順次、パートナー回線エリアから楽天回線エリアへ切り替え中のサービスエリアについては、2021年10月中旬頃に更新予定です。詳細はこちら

現在のパートナー回線エリアについては、こちらのページをご確認ください。

  • 楽天回線 4G LTEエリア
  • 楽天回線 4G LTE拡大予定エリア
  • パートナー回線エリア
  • 楽天モバイル対応サービスエリア(拡大予定を含む)は、サービス開始時期、対象地域等が変更になる場合があります。
  • 楽天回線エリアであっても、地下、屋内、大きな商業ビルの屋内等の場所、電波の状況等によってパートナー回線を利用する通信となる場合があります。
サービスエリアに関する注意事項

4G LTE 拡大エリア

データ無制限※1で使える楽天回線エリア
2021年内に人口カバー率96%へ拡大予定※2

※時期は、世界的な半導体不足等による基地局設備への影響等で、変更となる場合があります

その他国内エリアも毎月5GBまで使えて、超過後は最大1Mbpsで使い放題※1

※時期は、世界的な半導体不足等による基地局設備への影響等で、変更となる場合があります

その他国内エリアも
毎月5GBまで使えて
超過後は最大1Mbpsで使い放題※1

※1 データ無制限は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。パートナー回線エリアは、国内は5GB超過後は最大1Mbps、海外は2GB超過後は最大128kbpsで使い放題。最大1Mbpsで使用時、動画再生・アプリダウンロード等では、時間がかかる場合あり。通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度は通信環境・状況により変動します。※2 人口カバー率は、国勢調査に用いられる約500m区画において、50%以上の場所で通信可能なエリアを基に算出。楽天回線エリアの現在の人口カバー率は88.6%(2021年5月末時点)。

楽天モバイル対応サービスエリアのご紹介

※楽天基地局およびパートナー(au)基地局の電波を受信できない地域は、サービスエリア外となります。

楽天回線エリアとは?

楽天基地局(アンテナ)の電波を利用するエリアです。

エリアマップ上で楽天回線エリアであっても、楽天基地局の電波を受信しにくい場所では、パートナー基地局を利用するパートナー回線エリアとなります。

楽天回線エリアはデータ容量の制限がなく、高速で使い放題になります。※1

  • ※1 高速で使い放題は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことがあります。
  • 利用環境(建物の中・地下・トンネル等電波の届かないところ)により利用可能なサービスエリアが制限される場合があります。
  • 楽天回線エリアとパートナー回線エリアとの境界付近や、地下と屋外・大きな商業ビルと屋外を移動するときに通信・通話が切断されたり、一時的にご利用になれない場合があります。
  • サービスエリアは計算上の数値判定に基づき作成しているため、該当の通信状況と異なる場合があります。

ご自宅や屋内の電波状況について

写真:Rakuten Casa

ご自宅で楽天回線につながりにくいときは?

屋内用小型基地局「Rakuten Casa」を設置することで、ご自宅から楽天回線を利用できます。

電波環境が悪いご自宅、店舗等の屋内やパートナー回線エリア(国内)でも、「Rakuten Casa」を利用して楽天回線に接続すれば、楽天回線エリアと同様、データ容量無制限になります。

屋内・商業ビル内の電波について

地下、屋内、大きな商業ビルの屋内等では、楽天回線エリアであっても、電波の状況によってパートナー基地局を利用するパートナー回線エリアとなる場合があります。

その他エリアに関するご案内

海外ローミング(データ通信)対応エリア・料金

渡航先での、お客様がご利用の製品の利用可否、データ通信の利用料金を調べることができます。

メンテナンス工事のお知らせ

メンテナンス工事の実施予定はこちらからご確認いただけます。

サービスエリアに関するお問い合わせ・ご要望

お客様にご満足いただけるよう、電波に関する改善を行っております。
ご意見・ご要望をお聞かせください。

楽天モバイルご利用者様用電波改善・調査のご依頼について

\ iPhoneは使えるの? /

お持ちのスマホが使えるか
確認してみませんか?