※表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税込です。

光回線とは

光回線とは、光ファイバーと呼ばれるケーブルに光信号を通して行うインターネット通信です。
環境による影響を受けにくいので、安定した高速通信が可能です。

回線の種類

光回線以外にもインターネットを利用する方法があります。

光回線

光ファイバーを利用したインターネット回線。通信速度が速く、安定している。ケーブルが宅内に引き込まれていない場合は工事が必要。

ポケットWi-Fiやテザリング

基地局を介して無線でインターネットに接続するのがポケットWi-Fi。スマートフォンのモバイルデータ通信を利用するのがテザリング。どちらも工事不要で外出先でも使える。データ利用量の上限が決まっていたり、利用量に応じて速度制限がかかる場合もある。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビのネットワークを利用したインターネット回線。ケーブルが宅内に引き込まれていない場合は工事が必要。

ADSL回線

光回線が普及する前に主流だった、電話回線を利用したインターネット回線。周囲のノイズの影響で通信速度が不安定になりやすい。近い将来サービス終了となる予定。

光回線の接続の種類

戸建の場合

住宅近くの電柱から光ケーブルを住宅内に引き込む工事を行います。安定した高速通信が利用できます。

マンションなどの集合住宅の場合 ※マンションによって光回線の接続方法が異なります

  1. FTTH

光回線を各部屋まで引き込み、各戸に安定したインターネット環境を供給します。

  1. FTTB(VDSL)

光回線をマンション共用部分まで引き込み、各戸へは電話回線で接続します。

  1. FTTB(LAN)

光回線をマンション共用部分まで引き込み、各戸へはLANケーブルで接続します。

光コラボでの契約がおすすめ

光回線を提供するNTTなどの回線事業者と、接続サービスを提供するプロバイダーを、まとめて一度に契約できる「光コラボ」がおすすめです。

光コラボ
  • フレッツ光の場合

    1. NTTとプロバイダーで別々に契約が必要
    2. 請求もNTTとプロバイダーで別々
    3. 解約時にプロバイダーの解約を忘れてしまう可能性
  • 光コラボの場合

    • 契約はプロバイダーのみ
    • 請求もプロバイダーのみ
    • 解約を忘れる心配なし

どんなタイミングで光回線に切り替える?

引っ越しをするとき

お引越し(移転)先の状況や設置場所の環境により、工事が必要になる場合や、費用が異なる場合があるため、引っ越しのタイミングで光回線の切り替えを検討してみてください。

携帯電話会社を乗り換えるとき

スマートフォンとセットで乗り換えるとおトクになる場合があるため、携帯電話会社を乗り換えるタイミングで光回線も一緒に検討してみてください。

ご利用中の回線でインターネットがスムーズに使えないとき

「おうち時間」が増えたことで自宅のインターネット環境に不満を感じている方は、高速でサクサクつながる光回線への切り替えを検討してみてください。

1年無料!おトクに今すぐ乗り換えよう

ひかり回線とスマホ両方お申し込みで、1年無料で高速インターネット

※ 楽天ひかり(マンションプランまたはファミリープラン)の月額基本料が開通月から最大12カ月間無料。Rakuten UN-LIMIT VIをすでに開通、または期限内にお申し込みの方が対象。楽天ひかりの契約期間中(3年ごとに更新)は契約解除料10,450円が発生。