国際通話(ご利用方法)

ご利用方法

国際通話のかけ方には以下の2通りがあります。

  • 010 の後に国番号、相手先の電話番号をダイヤルするかけ方

    例)ハワイ(国番号「1」)にかける場合:010-1-×××-××××-××××

  • 0を1秒以上長押しした後に国番号、相手先の電話番号をダイヤルするかけ方

    例)ハワイ(国番号「1」)にかける場合:0を1秒以上長押し-1-×××-××××-××××

相手先電話番号が「0」で始まる場合は、「0」を除いてダイヤルしてください。
国番号は下記をご覧ください。

国番号・通話料一覧

(2020年3月3日時点)

注意事項

  • 海外から発信する際はRakuten Linkをご利用ください。通常の電話アプリでは海外からの発信はできません。
  • 国際通話サービスは当社にて毎月のご利用限度額 (20,000円 、50,000円 、上限なしの3種類。デフォルト設定は20,000円)を設定しています。
    その限度額を超過したことを当社にて確認できた時点で利用を停止させていただきます。
    また、当該通話料金の支払いが確認できるまでの期間、当サービスの利用を停止する場合あります。
    ご利用を再開するには全利用額を精算いただく必要があります。
  • 相手国の電話会社のガイダンスに接続した場合や呼び出し音が鳴った場合など、相手国の電話会社の通信事情などにより(フリーダイヤルで無料と案内された場合でも)通話・通信料が発生することがあります。
  • 発信者番号通知を設定していても、「通話不可能」や「非通知」など正しい番号表示にならない場合があります。
  • 通話先の相手国・地域によっては、現地事業者の設備などの都合により接続できない場合あります。
  • 各種料金割引サービスの対象外となります。
  • 通話料は、毎月のご利用料金と合算しての請求となります。
  • 海外ローミング(データ通信)および国際通話、国際SMS、国際通話かけ放題のサービスエリア・提供条件は予告なく変更になる場合があります。