マカフィー® モバイル セキュリティ Android版(お申し込み方法・ご利用方法)

お申し込み方法

新規ご契約時
お申し込みの際、料金プラン詳細画面上にあるその他の項目から「追加する」ボタンを押してください。
ご契約済みの場合
my 楽天モバイルから、料金プラン詳細画面上にあるその他の項目から「追加する」ボタンを押してください。
my 楽天モバイル

my 楽天モバイル

Webからご利用の方はこちら

ご利用方法

お申し込み後、ご登録のメールアドレスに届くご利用開始のお知らせメールをご確認ください。

  1. メールに記載されたURL経由にて、Google Playより、マカフィー® モバイル セキュリティをダウンロードします。
  2. マカフィー® モバイル セキュリティのダウンロード・インストール後、マカフィー® モバイル セキュリティを起動、必要情報とライセンスIDコードを入力すると、アクティベーション処理が行われます。
  3. ご利用開始となります。

動作環境

以下の条件に該当するAndroid OSのスマートフォンまたはタブレット(いずれか1台)でご利用いただけます。

  • マカフィー® モバイル セキュリティ Android版は、iOS、VAIO Phone BizをはじめとするWindows OSなど、Android OS以外の製品は非対応です。
  • OSのバージョン

    Android(スマートフォン/タブレット)4.2/4.3/4.4/5.0/5.1/6.0/7.0/7.1/8.0/9.0/10.0

  • 2019年7月時点
  • ブラウザ

    Internet Explorer 9.0 以降、Google Chrome、Firefox 30 以降、Safari 6.1 以降

  • 2019年7月時点

機種変更時の引き継ぎ方法

機種変更の際は、以下の手順でご利用情報を引き継ぐことができます。

移行前のスマートフォンが操作可能の場合

  1. 通信可能な環境で、移行前のスマートフォンにインストール済みのマカフィー® モバイル セキュリティアプリをアンインストールしてください。
  2. 移行先のスマートフォンにマカフィー® モバイル セキュリティアプリをインストールしてください。
  3. お申し込み時の「ご利用開始のお知らせメール」に記載と同一の手順で認証をし、ご利用開始となります。

移行前のスマートフォンが操作不能の場合 (盗難・紛失・操作不能・アンインストール不能など)

  1. マカフィー・テクニカルサポートセンターにお電話ください。
  2. 「マカフィー®モバイル セキュリティ Android版」を移行先のスマートフォンで利用したい旨を、お申し付けください。
  3. 移行前のスマートフォンでご登録されたメールアドレスをお伝えください。マカフィー・テクニカルサポートセンターにて新規の「ライセンス登録コード」を発行いたします。
  4. 移行先のスマートフォンにマカフィー® モバイル セキュリティ アプリをインストールしてください。
  5. インストールしたアプリを起動し、画面に記載の内容を確認し、「承諾」をタップしてください。
  6. マカフィー・テクニカルサポートセンターにて発行された「ライセンス登録コード」を入力し、「続行」をタップしてください。
  7. お客様が受信可能な「メールアドレス」と「PIN番号(お客様任意の6桁の数字)」を設定、「次へ」をタップし、ご利用開始となります。

マカフィー® モバイル セキュリティ アプリ インストール方法

  1. 下記ダウンロードページにアクセスしてください。
  2. 「ダウンロード」をタップしてください。
  3. Google Playで「McAfee Antivirus & Security」のページが開いたら「インストール」をタップしてください。

お問い合わせ先

マカフィー・テクニカルサポートセンター

※コミュニケーションセンターでは対応しておりません。

営業時間:9:00~21:00(年中無休)
電話番号 0570-060-033

注意事項

  • 月途中で加入または解約された場合、月額利用料が日割りとなります。
  • 「セーフ ウェブ」は以下のブラウザに対応しています。
    Google Chrome/Samsung Internet/Opera Mini/Firefox/Android標準ブラウザ
  • スマートウォッチとの連携では、Wear OS by Googleのスマートウォッチをサポートしています。
  • Android OS 7.0以降の製品では、以下の機能が制限されます。
    • 電力を消費するアプリのリストが表示されません。
    • メモリーのクリーンアップの機能で、バックグラウンドで稼働している重要ではない一部のアプリはリストされません。
    • データの使用状況を追跡する機能はありません。