国際SMS(ご利用方法)

ご利用方法

  1. あて先を入力してください。

    「+」「相手先の国番号」「相手先の電話番号」を入力します。

    例)ハワイ(国番号「1」)にかける場合:+1 - XXX - XXXX - XXXX

    相手先の携帯電話番号が0から始まる場合は、最初の0を除いて入力してください(一部の国・地域を除く)。
    「+」の表示方法:「0」を1秒以上長押しすることで表示されます。
    「+」の表示方法は機種によって異なります。

  2. 本文を入力してください。

    全角670文字まで(機種により送信可能文字数は異なります)

  3. 送信ボタンを押して送信してください。

国番号・通信料金一覧

(2020年3月3日時点)

請求方法

ご利用月の翌月に電話料金と合わせて請求します。

注意事項

  • 日本国内から海外への発信のみ利用可能です。
    • Rakuten Linkをご利用いただくと、海外から送信することができます。
  • 国際サービス(国際通話・国際SMS )は当社にて毎月のご利用限度額 (20,000円 、50,000円 、上限なしの3種類。デフォルト設定は20,000円)を設定しています。
    国際通話サービスと国際SMSサービスのご利用額の合計が、限度額を超過したことを当社にて確認できた時点で利用を停止させていただきます。
    また、当該料金の支払いが確認できるまでの期間、当サービスの利用を停止する場合があります。
    ご利用を再開するには全利用額を精算いただく必要があります。
  • ナンバーポータビリティによって、通信事業者が変更になった場合などに、一部の海外事業者との間で、国際SMSを送受信できない場合があります。
  • 上記の地域、事業者以外でも国際SMSをご利用になれる場合があります。その場合もご利用になった通信料が発生します。
  • 受信者が、上記の地域・事業者以外でローミング中の場合などに、ご利用できない場合があります。
  • 海外通信事業者の利用者から発信された国際SMSで、本文が全角70文字、半角英数字160文字を超えるものについては、一部機種では複数のSMSに分かれて受信しますが、その際、正しく受信されない場合があります。
  • 機種や通信事情などにより、本サービスをご利用いただけない場合があります。
  • 本サービスの通信料は、日本国内の通信料とは異なります。
  • 通信料は国際SMSの送信を行った場合に発生します(国際SMSを受信する場合、通信料は発生しない)。また、送信方法の誤りなど送信が完了していない場合においても、通信料が発生する場合があります。
  • 日本国内で「SMS受信拒否」を設定している場合は、海外でもSMS、国際SMSを受信できない場合があります。
  • 送信先の通信事業者の都合により、国際メール(SMS)を受信及び送信できない場合があります。
  • 海外ローミング(データ通信)および国際通話、国際SMS、国際通話かけ放題のサービスエリア・提供条件は予告なく変更になる場合があります。
  • 各国際サービスのご利用料金は、課税対象外です。