eSIMとは?使い方やメリット・デメリットを解説

eSIMとは?使い方やメリット・デメリットを解説
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024.03.11

eSIMに対応しているスマホが次々と発売されていますが、「最近よく聞くけど、eSIMってなに?」「eSIMの使い方がいまいちわからない」という方もいるのではないでしょうか。

eSIMはスマホ内蔵型のSIMのことで、ICチップにデータを書き込むことでインターネットに接続できるようになります。複数の携帯電話会社のSIM情報を登録できたり、SIMカードの到着を待たずにすぐ利用を開始できたりと、eSIMならではの利便性があります。

今回は、普及が進むeSIMの使い方や、メリット・デメリットを解説します。

目次

eSIMとは本体一体型のSIM

eSIMはスマホの内部にSIMのICチップが内蔵された、スマホと一体になっているSIMのことです。カード型の物理SIM(SIMカード)と同様に、契約者情報や回線情報をICチップに書き込むことでSIMとして機能します。

eSIMの情報はユーザー自身の操作によってオンラインで書き換えができるので、乗り換えや開通の手続きも簡単に行えるのが特徴です。

携帯電話会社の乗り換えの円滑化や、eSIMの国際的な普及を受けて、総務省も普及を推進しています。

SIMカードとの違い

eSIMもSIMカードも、スマホの利用に必要な情報を書き込むという役割は同じです。

ただし、SIMカードは物理的なSIMであり、通信会社を変更する場合などはカードごと変更しなければなりません。

その点eSIMはデータを書き換えるだけで通信会社を変更できるので、乗り換えの際の手続きなどを簡単に進められます。

また、eSIMとSIMカードは同時の利用も可能です。

eSIMの5つのメリット

eSIMは、契約から開通までのすべての手続きがオンラインで完結できます。データを読み込むことで内蔵ICチップにSIM情報を書き込むeSIMならではのメリットを見てみましょう。

オンラインで契約から開通まで短時間で完結する

eSIMはSIMカードと異なり、回線の開通のためにSIMカードの到着を待つ必要がありません。現在利用しているスマホがeSIMに対応していれば、店舗に行かなくても、携帯電話会社の乗り換えや新規契約の手続きから開通まですべてオンラインで完結できます。

店舗に足を運ぶのが難しい方や、忙しくて手続きの時間が取りにくい方、急いで乗り換えたいという方でも、手軽に乗り換えができます。

AIを利用した本人認証と組み合わせると、短時間で開通できるのもeSIMの特徴です。

たとえば楽天モバイルでは、eSIMを契約する際にAIかんたん本人確認(eKYC)を利用して本人認証を行えば、Webでお申し込み後、最短3分で携帯電話回線が開通します。

※審査状況により、1営業日程度かかる場合があります。
※現在対応している本人確認書類は運転免許証とマイナンバーカードです。
※子どものお昼寝中に、AIかんたん本人確認(eKYC)を利用して、オンラインで楽天モバイルに乗り換えた
楽天モバイルのお客様の声はこちらからご確認ください。

SIMカードの差し替えが不要で故障リスクも少ない

物理SIMの場合、SIMカードのICチップ部分に指が触れてしまったり、水で濡れてしまったりすると、汚れや錆びによって接触不良を起こすことがあります。

接触不良以外にも、nanoSIMのSIMカードはとても小さく、SIMカードトレイに挿入する際に、紛失や破損などのリスクもあります。

しかし、eSIMであれば、内蔵ICチップにSIM情報を書き込むため、紛失や破損のリスクはありません。

1台のスマホで複数のネットワークが利用できる

eSIMは複数のAPN設定を登録しておくことができます※。

※APNとは、「Access Point Name」(アクセスポイントの名前)の略語です。スマートフォンなどデータ通信を行う製品にAPNを設定いただくことで、インターネットに通信接続が可能となります。

物理SIMは、スマホのSIMカードトレイと同じ数しかAPN設定をスマホに保存できません。一方、eSIMは内蔵ICチップに複数のSIM情報を書き込めるため、SIMカードトレイの数に縛られません。

つまり、物理SIMとeSIMの両方を搭載しているスマホであれば、組み合わせることで、1台のスマホで複数のネットワークを利用できるということです。

ただし、eSIMに複数のAPN設定を保存しても、同時に有効化できる携帯電話回線はひとつだけです。APN設定を切り替えるには、スマホの設定が必要になるため、注意しましょう。

「デュアルSIM」で月額料金をおトクにできる

デュアルSIMとは、1台のスマホで2つのSIMを利用することを指します。

通信会社が提供する料金プランには、おトクに通話できることに特化したものもあれば、データ通信し放題のものもあります。

通話するときは通話がお得なプランのSIM、インターネットに接続するときはデータ通信し放題のSIMといったように使い分けることで、月額料金をおトクにできます。

海外へ渡航したときに便利

海外に渡航した場合、物理SIMを使ったスマホを利用するには3つの方法があります。

1つ目は渡航前に契約した海外で利用できるSIMカードを持って行く方法、2つ目は国際ローミングサービスを利用する方法、3つ目は渡航先の空港などでSIMカードを購入する方法です。いずれの方法も事前の準備や売り場を探して購入する必要があるため、手間がかかります。

しかし、eSIMなら、短時間の国際ローミングサービスやWi-Fiなどを利用して設定を行えば、海外でも数分程度でスマホを利用できます。

eSIMの4つのデメリットと注意点

メリットが多く便利なeSIMですが、物理SIMと比較してデメリットや、利用する際に気を付けたい注意点があります。

利用開始時の設定が必要

eSIMの利用には、eSIM開通用のQRコードの読み取りや、携帯電話会社ごとに異なるAPN設定の登録など、さまざまな設定方法があります。

ほとんどの場合SIMカードトレイにSIMカードを挿入するだけの物理SIMと比較すると、多少スマホの操作に対する知識が必要です。

機種変更の際に、事前に再発行の手間がかかる

新しいスマホでeSIMを利用するためには、eSIMの再発行を申請しなければなりません。申請後に再発行されるeSIM開通用のQRコードを、新しいスマホで読み取って構成プロファイル※を登録することになります。

※構成プロファイルとは、携帯電話回線からインターネットサーバーに接続するための情報のことです。

SIMカードを差し替えればすぐに利用できる物理SIMと比較すると、手続きなどに時間がかかるというデメリットがあります。

eSIMに対応している携帯電話会社やスマホが限られる

普及が進むeSIMですが、すべてのスマホや携帯電話会社が対応しているわけではありません。

eSIMを選んだ場合、利用できる携帯電話会社やスマホの選択肢が狭くなってしまいます。

複数の携帯電話会社を利用したい場合、SIMロックを解除しておく必要がある

複数の携帯電話会社のSIMをひとつのスマホで利用したい場合、SIMロックが有効になっていると、物理SIMと同様にeSIMも利用できません。

スマホを購入した携帯電話会社以外のeSIMを利用するには、APN設定を登録する必要があるため、SIMロックを解除する必要があります。

なお、2021年10月1日からSIMロック設定は原則禁止になったため、それ以降に販売された機種であればSIMロックされていません。

eSIMの利用がおすすめの人

eSIMは、紹介したメリット・デメリットを踏まえて検討するようにしましょう。

eSIMの利用がおすすめの人の特徴について、以下で説明します。

おトクなプランをすぐに試してみたい人

通信会社ではさまざまなプランを取り扱っており、定期的に新しいプランも発表されます。現在契約しているプランよりもおトクなプランを見つけられることもあるでしょう。

eSIMはデータの書き換えさえすれば、すぐに新しいプランを使い始められます。

おトクなプランの発表があったらすぐに乗り換えて試してみたい方にとっては、eSIMの手軽ささは魅力的でしょう。

複数のプランのいいところ取りをしたい人

eSIMとeSIM・SIMカードを組み合わせれば、簡単にデュアルSIMを実現できますが、先ほども触れたようにデュアルSIMは複数のプランを組み合わせて使うのに適しています。

たとえば、大手キャリアのキャリアメールは利用しつつ、格安キャリアの使い放題プランも利用したい場合、SIMがひとつではできません。

しかしデュアルSIMにすれば、複数のプランのいいところ取りをして利用できます。

海外に行く機会が多い人

eSIMは国内の通信プランだけでなく、海外の通信プランにも対応しています。

そのため、海外に行くときは海外用のプランに切り替えて、帰国したら普段利用しているプランに戻すようなことも可能です。

海外に行く機会が多い方にとっては、その都度専用のスマホをレンタルするような手間が省けるので便利です。

eSIMを契約して利用する流れ

eSIMを契約して利用する流れは各社異なりますが、以下では楽天モバイルの場合を例に挙げて説明しましょう。

①自分のスマホがeSIM対応製品か、SIMロック解除済みであるかを確認する

まずは自分のスマホがeSIM対応製品であり、SIMロック解除済みであることを確認しましょう。

SIMロックがかかっているか分からない場合は、楽天モバイルまでお問い合わせください。

②「AIかんたん本人確認(eKYC)」で申し込む

Webのお申し込み画面、または「my 楽天モバイル」から申し込みますが、その際にAIかんたん本人確認(eKYC)」を選ぶと、eKYCによる申し込みになります。

必要書類(運転免許証/マイナンバーカード)の撮影と自身の顔の撮影のあと、必要事項を入力すれば、申し込み完了です。

③アプリからeSIMを開通して利用開始

最短3分で本人確認審査が完了し、「my 楽天モバイル」アプリにて、そのまま開通手続きを行えます※。

開通後に初期設定を行えば、利用できるようになります。

※審査状況により、1営業日程度かかる場合があります。

eSIMに対応している携帯電話会社は?

総務省の後押しを受けて、eSIMの普及は急速に進んでいます。大手携帯電話会社4社と、そのオンラインブランド、サブブランドは、すべてeSIMに対応しました。

しかし、格安スマホには、まだeSIMの導入が進んでいない携帯電話会社があります。
具体的に、eSIMに対応している携帯電話会社を見てみましょう。

1) 大手携帯電話会社
「NTTドコモ」、「au」、「SoftBank」、「楽天モバイル」の4社は、すべてeSIMに対応しています。

2) オンラインブランド、サブブランド
大手携帯電話会社のオンラインブランド「ahamo」、「povo」、「LINEMO」、サブブランド「UQモバイル」、「Y!mobile」は、eSIMに対応しています。

3) 格安スマホの一部
eSIMに対応している格安スマホが増えてきましたが、未だ対応していない格安スマホもあります。eSIMの対応状況については、利用したい格安スマホの公式ホームページを確認してください。

eSIMに対応しているスマホは?

eSIMのサービス普及にあわせて、2021年後半のモデルからはeSIM対応のスマホが増えました。

楽天モバイルでも、eSIM対応のスマホを多く取り扱っています。そこで、実際にeSIMが利用できるスマホをご紹介します。

iPhoneのeSIM対応製品

iPhoneはiOS 12.1 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降からすべての製品でeSIMが利用できます。

AndroidのeSIM対応製品

AndroidのeSIM対応製品はシリーズによって異なり、主なシリーズの対応製品は以下のとおりです。

シリーズ

対応製品

Google Pixel

Google Pixel 4、Google Pixel 4a、Google Pixel 4 XL
Google Pixel 5、Google Pixel 5a
Google Pixel 6、Google Pixel 6 Pro、Google Pixel 6a
Google Pixel Fold
Google Pixel 7、Google Pixel 7a、Google Pixel 7 Pro
Google Pixel 8、Google Pixel 8 Pro

Galaxy

Galaxy S23、S23 Ultra、S23 FE
Galaxy Z Fold5、Flip5
Galaxy Z Fold4、Flip4
Galaxy A23 5G
Galaxy A54 5G

Xperia

Xperia 10 III Lite
Xperia 1 IV、Xperia 5 IV、Xperia 10 IV
Xperia 1 V、Xperia 5 V、Xperia 10 V
Xperia Ace III

※2024年2月現在

楽天モバイルで販売していないが対応している製品

Google PixelシリーズはPixel 3a以降の製品でeSIMを搭載しています。楽天モバイルでは、Pixel 4からPixel 6 Proまで接続性検証をしています。

iPhoneは楽天モバイルでiPhoneの販売を開始する前に発売されたiPhone XS以降、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxまでの動作を確認しています。

eSIMに対応したスマホを活用しよう

eSIMは店舗に行く時間がなくても、土日祝日や夜間を問わず、いつでもオンラインで携帯電話会社を乗り換えられる点が一番の魅力です。もし今すぐに乗り換えをしたいと思ったら、お手持ちのスマホで手続きをするだけで、あっという間に乗り換えが完了します。

今お使いのスマホがeSIM対応でない方は、eSIM対応のスマホへの買い替えが必要になりますが、その場合は携帯電話会社の乗り換えもあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル公式Webサイトでは、人気のAndroidやiPhoneをはじめとした多彩なラインアップを取り揃えています。
目的や予算にぴったりな一台を探してみてはいかがでしょうか。
楽天モバイルで販売している製品についてはこちらをご確認ください。

楽天モバイルの料金プランでは、データ利用量に合わせて料金が自動的に変わるため、たくさん使う人にもあまり使わない人にもおすすめの料金プランです。
家族割引適用※で、3GBまでは880円/月(税込968円)、20GB超過後はどれだけ使っても2,880円/月(税込3,168円)とデータ使い放題※1なので、データ容量を心配せず快適な通信をご体験いただけます。
プログラム適用条件あり。詳細はこちらをご確認ください。

ぜひ楽天モバイルをご検討ください。

  • 家族割引適用で、0GB〜3GBまで880円/月(税込968円)
  • 家族割引適用で、3GB超過後〜20GBまで1,880円/月(税込2,068円)
  • 家族割引適用で、20GB超過後〜どれだけ使ってもデータ高速無制限2,880円/月(税込3,168円) ※1
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※2
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※3

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 公平なサービス提供または環境により速度低下する場合あり
※2 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。データタイプのお申し込みでは、データ通信のみの利用となり通話・Rakuten Linkアプリはご利用いただけません。
※3 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※ 掲載内容はプラン名・サービス内容の変更によって、一部内容を修正する可能性がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。