LINEの送信取り消し方法は?削除との違いや相手に伝わってしまうのかを解説

LINEの送信取り消し方法は?削除との違いや相手に伝わってしまうのかを解説
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024.05.14

LINEには、メッセージの送信を取り消す機能があります。

メッセージを長押し後に「送信取消」をタップすると、送信後のメッセージを取り消しできます。

相手の画面にも「メッセージの送信を取り消しました」と表示されますが、メッセージの内容自体は相手の画面から消去することが可能です。送る相手を間違えた、誤った内容を送信してしまったなどのシーンで役に立ちます。

今回は、LINEの送信取り消し方法や削除との違い、LINEの送信取り消しは相手に伝わってしまうのかなどについて解説します。

目次

LINEの「送信取消」機能とは

LINEの「送信取消」は、メッセージの送信自体を取り消しできる機能です。

既読、未読にかかわらず、送信取り消しが可能です。送信取り消しをすると、相手の画面からも自分の画面からもメッセージ内容が表示されなくなります。

ただし、送信取り消しができるのはメッセージ送信から24時間以内です。24時間以上が経過すると、送信取消は選択できなくなります。

「送信取消」と「削除」の違い

LINEでは、「送信取消」のほかに、メッセージの「削除」の機能もあります。

「削除」は自分の画面上でメッセージを削除できる機能で、相手の画面ではメッセージが削除されず、そのまま残ります。

相手の画面でメッセージが残るか消えるかどうかが、「送信取消」と「削除」の違いです。前述のとおり、「送信取消」の場合は、送信自体が取り消しとなり、相手の画面上でもメッセージが見られなくなります。

LINEで送信取り消しをすると相手に伝わる?

送信を取り消した場合、取り消しをした事実は知られますが、メッセージの内容が知られる可能性は低いと考えられます。

送信を取り消すと、相手の画面にも「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます。相手がメッセージを確認する前であれば内容が相手に知られることはありませんが、メッセージの取り消しをした事実は相手に知られることになります。

なお、相手側に表示される通知については、たとえばiPhone 15(iOS 17)の場合、送信取り消し後は「○○がメッセージの送信を取り消しました」に通知が置き換わります。

また、Android™のPixel 8(Android 14)の場合は、メッセージ取り消し後は通知が消去されます。

上記のとおり、いくつかの製品で通知からもメッセージ内容が取り消しされることが確認でき、送信取り消しをすれば、メッセージの内容が相手に知られる可能性は低いと考えられるでしょう。

LINEで送信取り消しをする方法

メッセージを長押ししてメニューを表示し、「送信取消」を選択すると、メッセージを取り消しできます。具体的な手順は、以下のとおりです。

1.メッセージを長押ししてメニューを表示

2.メニューから「送信取消」をタップ

3.注意事項を確認し、問題なければ「送信取消」をタップ

4.トークからメッセージが取り消しされます

LINEの送信取り消しができないときの原因

LINEの送信を取り消しできない原因は、主に以下のことが挙げられます。

  • 送信から24時間経過した
  • メッセージを「削除」した
  • 投票や日程調整を取り消そうとしている

送信から24時間経過した

送信から24時間以上経過した後は、送信取り消しはできません。メッセージを長押ししても「送信取消」は選択できなくなります。

メッセージの誤送信などがあった際には、早めに気付いて送信取り消しをする必要があります。

メッセージを「削除」した

「削除」を実行してしまうと、そのスマホでは送信取り消しはできなくなります。削除したメッセージは、運営元に問い合わせをしても復元や送信取消はできません。

送信取り消しと削除を間違えないように注意しましょう。

なお、削除を実行すると、そのスマホでのみメッセージが削除されます。パソコン版のLINEではメッセージが残っているので、そちらから送信取り消しは可能です。メッセージ上で右クリックをしてメニューを表示し、「送信取消」を選択します。

誤ってメッセージを「削除」してしまった場合は、パソコンをお持ちであればパソコン版のLINEから送信を取り消しましょう。

投票や日程調整を取り消そうとしている

LINEの送信取り消しができない場合には、「投票」や「日程調整」など、送信取り消しができないものを取り消そうとしている可能性も考えられます。

LINEで送信取り消しができるのは、以下の情報です。

  • メッセージ
  • スタンプ
  • 画像・動画
  • ボイスメッセージ
  • LINE MUSIC
  • URL
  • 連絡先
  • 位置情報
  • ファイル

一方で、以下のものは送信取り消しができないため注意してください。

  • 投票
  • 日程調整
  • LINE Payの送金
  • LINEギフト
  • 通話の履歴
  • アルバムやノートの作成履歴
  • スタンプのプレゼント

必要な場面でLINEの「送信取消」機能を活用しよう

LINEでメッセージの送信取り消しをすると、相手の画面にも自分の画面にもメッセージ内容が表示されなくなります。メッセージの取り消しは、メッセージを長押し後に「送信取消」を選択すると実行できます。

送信取り消しをすると、「メッセージの送信を取り消しました」と表示されますが、相手がメッセージを確認する前であれば、メッセージ内容が知られる可能性は低いと考えられます。ぜひ送信取り消しの方法を押さえて、必要な場面で活用していきましょう。

なお、LINEやSNSをもっと快適に使うなら、個々のアプリの使い方をチェックするのとあわせて、スマホの料金プランも見直しておきたいところです。

特にデータ利用量の上限を気にしながら使っている方、通信制限にかかることがある方は、料金プランを見直すことでもっと快適にスマホが使えるようになります。

楽天モバイルの料金プランでは、データ利用量に合わせて料金が自動的に変わるため、たくさん使う人にもあまり使わない人にもおすすめの料金プランです。

家族割引適用※で、3GBまでは880円/月(税込968円)、20GB超過後はどれだけ使っても2,880円/月(税込3,168円)とデータ使い放題※1なので、データ容量を心配せず快適な通信をご体験いただけます。
プログラム適用条件あり。詳細はこちらをご確認ください。

ぜひ楽天モバイルをご検討ください。

  • 家族割引適用で、0GB〜3GBまで880円/月(税込968円)
  • 家族割引適用で、3GB超過後〜20GBまで1,880円/月(税込2,068円)
  • 家族割引適用で、20GB超過後〜どれだけ使ってもデータ高速無制限2,880円/月(税込3,168円) ※1
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※2
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※3

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 混雑時など公平なサービス提供のため速度制御する場合あり。
※2 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。データタイプのお申し込みでは、データ通信のみの利用となり通話・Rakuten Linkアプリはご利用いただけません。
※3 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※ 掲載内容はプラン名・サービス内容の変更によって、一部内容を修正する可能性がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : お役立ち