海外で利用するための設定方法

海外で楽天モバイルを利用するための確認事項や設定方法などをご案内します。

出発前

渡航先に出発する前に、日本国内で事前の確認や設定が必要になります。

事前の確認内容

渡航先が対応エリアか確認

追加オプションサービスの申し込み

国際通話かけ放題

海外指定66の国と地域への通話

詳細を見る

事前設定

各サービスを利用するための設定方法をご案内します。

my 楽天モバイル」の契約プラン画面にある、「海外ローミング(データ通信)」の設定をONにしてください。

※初期設定はONになっております。
※国際通話・国際SMSを利用する場合、海外ローミング(データ通信)の設定が必要になります。
※別途Wi-Fiを利用してデータ通信を行う場合は、こちらの設定は不要です。

お役立ち情報(PR)

楽天グループでは海外でも役立つサービスをご用意しております。ぜひご活用ください。

楽天カード会員様向けサービス

楽天カードは海外でもご利用いただけます。楽天カード会員様向けの安心のサポートや、便利でおトクな優待サービスが充実しています。

サービスの詳細を確認する

海外旅行保険について

楽天グループでは、旅行中の病気やケガを補償する、安心の保険サービスをご用意しています。

楽天損保の海外旅行保険を確認する

楽天カードの海外旅行傷害保険を確認する

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)の海外旅行傷害保険を確認する

到着後

サービス開始設定

  1. 1. 製品の「データローミング」をONにする

    「海外ローミング(データ通信)」を利用する製品の「データローミング」をONに設定してください。

    ※国際通話・国際SMS(海外でOS標準のアプリ利用時)を利用する場合、製品のデータローミングの設定は不要です。
    ※別途Wi-Fiを利用してデータ通信を行う場合は、こちらの設定は不要です。
    ※一部のエリアでは、VoLTE海外ローミング(4Gネットワークを利用した「国際通話・国際SMS(海外でOS標準の電話アプリ・メッセージアプリ利用時)」)をご利用いただけます。詳しくはVoLTE海外ローミングについてをご確認ください。

  2. 2. 通信事業者部分に「Rakuten」が表示されているか確認

    画面上部の通信事業者部分に「Rakuten」が表示されていれば、データ通信可能となります。

    ※iPhoneと一部のAndroid製品では渡航先の海外通信事業者が表示される場合がありますが、問題なく国際ローミングサービスをご利用いただけます。

以上で設定は完了です。

設定後もOS標準アプリが利用できない場合

接続しているネットワークが、OS標準のアプリを使用した海外での国際通話・SMSの利用に対応していない可能性があります。その際は対応しているネットワークに変更をお願いいたします。

国際通話の対応ネットワーク

国際SMSの対応ネットワーク

海外ローミングの対応エリア

帰国後

サービス停止設定

日本に帰国後は以下の停止設定を行ってください。

  1. 1. 「海外ローミング(データ通信)」をOFFにする

    my 楽天モバイル」の契約プラン画面にある、「海外ローミング(データ通信)」の設定をOFFにしてください。

  2. 2. 製品の「データローミング」をOFFにする

    「海外ローミング(データ通信)」を利用した製品の「データローミング」をOFFに設定してください。

以上で設定は完了です。

ネットワークを手動で設定した場合

通信事業者の設定を「自動」、もしくは手動で「Rakuten」に設定してください。

ご利用料金の確認

海外でご利用された料金は、ご利用月の翌月10日以降、順次「my 楽天モバイル」からご確認いただけます。