Android Autoとは?利用できる機能や車種、アプリについて解説

Android Autoとは?利用できる機能や車種、アプリについて解説
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023.08.30

「車両のカーナビとスマホを連携させたい」、「Googleマップをカーナビとして使えたら良いのに」と考える方は多いのではないでしょうか。実はそのような要望に応えて、Android™のスマホには、Android Autoという機能が搭載されています。

Android Autoは、Androidのスマホをカーナビやステレオなどの車載機器と接続する機能です。カーナビのようにGoogleマップを表示したり、音声操作でテキストメッセージを送信したり、ハンズフリー通話ができるほかにも、さまざまな機能があります。

2023年1月現在、Android Autoは500車種以上で利用でき、ステレオ機器・カーナビも幅広い機種が対応しています。

今回は便利なAndroid Autoについて、使い方や注意点を詳しく解説していきます。

目次

Android Autoとはどんな機能?使える機能や活用法

Android Autoは、Androidのスマホを車載機器に接続してAndroidアプリを利用する機能です。

Android Autoの機能は多彩で、カーナビの代わりにGoogleマップを表示したり、ハンズフリーで運転中でも安全に電話応対ができたり、Googleアシスタントを使って音声で操作し、テキストメッセージを送信したりできます。

また、ドライブのお供にストリーミング配信の音楽を再生したり、ニュースを流したり、オーディオブックを聞いたりできる機能もあります。

さらに、Googleアシスタントによる不在着信のリマインダーや到着予定時刻の共有、音楽やポッドキャスト再生への即時アクセスなど、安全な運転に適したコミュニケーションやエンターテインメント機能が充実しています。

使い慣れたスマホのアプリが使えることや、運転中でも楽しめるコンテンツが豊富なことが、Android Autoの特長といえるでしょう。

Android Autoを利用することで、車両で移動しているときのスキマ時間を使ってオーディオブックで勉強をしたり、運転中にかかってきた電話に音声でテキストメッセージを返したりと、運転しながらでも安全にスマホが活用できます。

ほかにも、スマホを車両の鍵として利用し、家族や友人に共有もできるデジタルキーという機能もあり、現在はBMWでサポートされています。PixelシリーズとiPhoneで利用できますが、今後はGalaxyやXiaomiでも利用できる予定です。

Android Auto対応車種や接続方法

Android Autoを利用するには、カーナビやステレオなどの車載機器がAndroid Auto対応機種である必要があります。

現在、500種類以上の車種・機種に対応していますが、利用できるかどうかは車両の販売地域や、購入時の標準装備・オプション装備の選択によって異なります。一覧にあっても利用できないケースがあるので、中古車や輸入車の場合は特に注意が必要です。

対応している車種・機種についてはこちらと各メーカーのページをご参照ください。

一方、車両と連携するためのスマホは、Androidを搭載しているスマホであれば、ほとんどAndroid Autoに対応しています。

Android Autoを使うときには、まずOSのバージョンを確かめましょう。Android搭載スマホのOSのバージョンが、Android 9以下の場合は、「Android Auto」アプリをインストールする必要があります。

OSのバージョンがAndroid 10以上であれば、Android Autoは標準搭載されているため、「Android Auto」アプリのインストールは必要ありません。

Android Autoは、基本的にUSBケーブルでスマホと車載機器(ステレオ、カーナビ)を接続して利用します。

一部の車種や車載機器ではBluetooth®を使ってワイヤレス接続が可能です。Android Autoをワイヤレス接続したい場合はディーラーやメーカーに確認しましょう。

Bluetoothについてはこちらをご参照ください。

Android Autoの対応アプリ

Android Autoは、Googleマップや各種音楽アプリのほか、オーディオブックやスケジューラー、チャットアプリ、ニュースアプリなど、幅広いアプリに対応しています。

Googleアシスタントを利用することで、音声でアプリを操作し、運転しながらニュースを流したり、オーディオブックを聞いたりして楽しむことができます。

カーナビアプリはGoogleマップのほか、日本国内のナビではNAVITIMEにも対応しています。チャットアプリはWhatsAppやMessenger、Skypeに対応していますが、LINEには対応していません。

音楽アプリはYouTube Musicのほか、SpotifyやAmazon Musicにも対応しています。

対応するアプリは適宜増えているので、詳しくはGoogle Playの「Android Auto Essentials」を確認してください。

Android Auto対応アプリについてはこちらをご参照ください。

Android Autoのメリット・デメリット

Android Autoのメリットは、なんといってもGoogleアシスタントの音声操作でナビが操作できる点です。Googleマップでカーナビが利用できるので、最新の情報がわかりやすく、渋滞情報も正確で、混雑を避けてドライブが楽しめます。

また、音声でアプリを操作できるので、運転中でも安全にアプリを切り替えたり、メッセージアプリで返信したりできます。

一方デメリットは、毎回スマホを車両や車載機器に接続する必要があり、つないでいる間はAndroid Auto以外の利用ができなくなる点です。

また、音楽を聞いたりポッドキャストや音声通話をしたりすると、データ利用量が多くなる点にも注意しましょう。

Android Autoがつながらない場合の対処法と利用時の注意点

対応している車種・機種なのに、車両や車載機器とAndroid Autoがつながらない場合は、以下の対処法を試してみましょう。

これらの操作は、必ず車両を停車させた状態で行ってください。運転しながらスマホや車載機器を操作すると、道路交通法の違反行為となってしまいます。

また、車両や車載機器に搭載されているファームウェアのバージョンアップは、失敗すると大きなトラブルの原因になります。手順がわかりにくい場合や自信がない場合は、メーカーやディーラーに問い合わせ、対応を依頼するのがおすすめです。

1)Android Auto対応車種、機種であることを確認し、必要であればファームウェアのバージョンアップをする
Android Autoを利用するには、一部の車種・機種ではファームウェアをアップデートして、バージョンアップする必要があります。マニュアルにしたがってアップデートするか、自信がない場合はディーラーに問い合わせてください。

2)USBケーブルは1m以下で、品質の高いケーブルを使う
USBケーブルは、1m以下のものが適しています。また、しっかりとしたメーカー保証がある、品質の高いケーブルを使ってください。断線していないことも併せて確認しましょう。

3)2台目以降の車両に接続できない場合、一度取り外し、Android Autoアプリで「新しい車の追加」をオフにする
車両からスマホを取り外し、Android Autoアプリを起動して、「設定>接続済みの車」をタップします。続いて、「Android Autoに新しい車を追加」のチェックボックスをオフにします。その状態で、再度スマホを車両に接続してみてください。

Android Autoが故障したときの対処法

接続していたAndroid Autoが急に応答しなくなったときや、車載機器が反応しなくなったときは、以下の対処法を試してみましょう。

1)登録済みの車両や車載機器とスマホが上手く接続しない場合
一度スマホを車両から取り外し、再起動してからつなぎなおすと、直ることがあります。また、スマホに接続しているほかのBluetooth機器を切断し、車両とスマホだけをつないだり、車両のエンジンを一度切ってかけ直したりすると、つながることがあります。

2)ファームウェアを長期間アップデートしていない場合
車両や車載機器のファームウェアをアップデートすることで、直る場合があります。ファームウェアのアップデートについては、ディーラーやメーカーに確認し、自信がない場合は対応を依頼しましょう。

3)機器が故障している場合
何度つなぎ直しても接続しない場合、車両や車載機器が故障している可能性があります。どうしても直らないときは、カーナビメーカーやディーラーに問い合わせてみましょう。

その際に、エラーコード等が表示されている場合はメモなどに記録しておくと、対応がよりスムーズになるでしょう。

快適なドライブにAndroid Autoを活用しよう!ドライブで音楽を楽しむなら楽天モバイル

Android Autoを利用すれば、Googleアシスタントを使って、ハンズフリーでさまざまな操作ができるようになります。

特に運転中でも音声操作で簡単にストリーミング配信の音楽を楽しんだり、ポッドキャストを再生したり、オーディオブックを聞いたり、楽しいドライブを満喫できるでしょう。

ただし、ストリーミング配信を利用すると、データ利用量も多くなってしまいます。そこでおすすめなのが、データつなぎ放題の楽天モバイルです。

楽天モバイルならデータ通信をどれだけ使っても最大2,980円/月(税込3,278円)※とプラン料金の上限が決まっているので、ドライブのお供にもぴったりです。さらに楽天モバイルでは、YouTube Premium 3カ月無料キャンペーンを行っています。

※製品代、オプション料、通話料等は別費用。
YouTube Premium 3カ月無料キャンペーンについてはこちらをご参照ください。

また、楽天回線対応のAndroid製品をご利用している楽天モバイルご契約者様の場合は、キャリア決済を使うことで、YouTube Premiumの月額利用料金の一部が楽天ポイントとして還元されます。
楽天モバイルのキャリア決済のポイント還元に関してはこちらをご参照ください。
キャリア決済についてはこちらの記事でも解説をしています。

Android Autoを思い切り活用するなら、楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

  • 家族割適用で、0GB〜3GBまで880円/月(税込968円)
  • 家族割適用で、3GB超過後〜20GBまで1,880円/月(税込2,068円)
  • 家族割適用で、20GB超過後〜どれだけ使ってもデータ高速無制限2,880円/月(税込3,168円) ※1
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※2
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※3

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 公平なサービス提供または環境により速度低下する場合あり
※2 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。データタイプのお申し込みでは、データ通信のみの利用となり通話・Rakuten Linkアプリはご利用いただけません。
※3 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※ 掲載内容はプラン名・サービス内容の変更によって、一部内容を修正する可能性がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : お役立ち