ダウンロードしたファイルの保存先は?iPhone・Android™別に解説

ダウンロードしたファイルの保存先は?iPhone・Android™別に解説
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024.04.16

スマホでダウンロードしたファイルが、どこに保存されているのかわからず、あちこち探したり、何度もダウンロードしたりする方もいらっしゃるでしょう。

iPhoneでダウンロードしたファイルは多くの場合、スマホ本体のデータストレージ内にあるダウンロードフォルダか、iCloud Driveなどのクラウドストレージに保存されています。

しかし、Android™の場合はメーカーによって設定が異なるケースがあり、必ずしも同じ場所に保存されているとは限りません。

そこで今回は、ダウンロードしたファイルの探し方や、ダウンロードしたファイルの保存先を変更する方法についてiPhone・Android別に解説します。

目次

ダウンロードしたファイルの保存先はどこ?

スマホでダウンロードしたファイルは通常、保存先を変更していなければ、以下の場所に保存されています。

・iPhone
「ファイル>ブラウズ」の順にタップし、「このiPhone内」もしくは「iCloud Drive」にある「ダウンロード」フォルダ内に保存されています。

・Android
Files by Googleアプリを起動し、「見る」をタップします。カテゴリの一覧から「ダウンロード」をタップすると、ダウンロードしたファイルの一覧が表示されます。

Androidの場合、メーカーによってフォルダの設定が異なります。Files by Googleアプリを使用することですばやく探せるので、GoogleドライブやGoogleフォトなどと一緒に使用するのがおすすめです。

iPhoneでダウンロードしたファイルの保存先を探す方法

iPhoneでダウンロードしたファイルは、iPhone本体のダウンロードフォルダ、もしくはiCloud Driveにあります。

また、Safariでファイルをダウンロードしたばかりであれば、以下の手順で確認が可能です。

1.URLバーの左にある「↓」ボタンをタップします。

2.表示されたメニューから「ダウンロード」をタップします。

3.ダウンロードしたファイルの一覧が表示されるので、スクロールしてファイルを探します。

ダウンロードから時間が経過しているか、特定のファイルを探す場合は、以下の手順で確認できます。

1.まず「ファイル」をタップします。

2.「ブラウズ」画面で「検索」にファイル名を入力して直接検索するか、「iCloud Drive」もしくは「このiPhone内」をタップします。

3.「iCloud Drive」もしくは「このiPhone内」のどちらか、もしくは両方に「ダウンロード」のフォルダがあるので、フォルダ内から保存したファイルを探せます。

Androidでダウンロードしたファイルの保存先を探す方法

多くのAndroidの場合、設定を変更していなければ内部ストレージの「download」というフォルダに保存されています。

しかし、Androidの場合はメーカーによってフォルダ名やデフォルトアプリが異なるだけでなく、ファイル管理アプリがメーカー独自のものであったり、そもそもインストールされていなかったりするケースもあります。

そこで、Google社が提供しているFiles by Googleアプリを使用してファイルを日付順ソートなどで探すのがおすすめです。探し方の手順は以下のとおりです。

1.「Files by Google」を起動すると、スマホ内部のストレージにあるフォルダが表示されます。「Filesで検索」に直接ファイル名を入力して検索するか、もしくは「ダウンロード」をタップしてください。

2.ダウンロードしたファイルが日付順にまとめて表示されているので、一覧から保存したファイルを探せます。

Google Chromeでダウンロードしたファイルを探す場合は、以下の手順で探してみましょう。

1.メニューを表示して「ダウンロード」をタップします。

2.ダウンロードフォルダが表示されるので、一覧からファイルを探せます。

Androidは、USBケーブルを使用してWindowsのパソコンと接続し、ファイルを直接閲覧したり、コピーしたり、削除ができます。

パソコンと接続したときのファイルを探す手順は以下のとおりです。

1.USBケーブルでスマホとパソコンを接続すると、通知センターにメニューが表示されるのでタップします。

2.「ファイル転送/Android Auto」をタップします。

3.パソコンのディレクトリ一覧にスマホが表示され、内部ストレージが見えます。ダウンロードしたファイルは「Download」フォルダに保存されています。

ファイルの保存先を変更する方法

iPhoneとAndroidは、ブラウザでファイルをダウンロードした場合の保存先を変更できます。

今回はそれぞれの標準ブラウザアプリであるSafariとGoogle Chromeについて、保存先の変更方法を解説します。

iPhoneのSafariで変更する場合

1.「設定>Safari」で「ダウンロード」をタップします。

2.「ダウンロード」画面で「その他」をタップします。

3.保存先を変更したい場所に任意のフォルダを作成し、タップします。



4.任意のフォルダにダウンロードファイルの保存先が変更されました。

AndroidのGoogle Chromeで変更する場合

Androidの場合、SDカードが使用できるスマホに限り、ダウンロードしたファイルの保存先を変更できます。しかし、SDカードが使用できないスマホや、SDカードを挿入していない場合は、ファイルの保存先は固定され、ユーザーには変更できません。

SDカードを使用している場合の変更手順は、以下のとおりです。

1.Google Chromeを起動してメニューを表示し、「設定」をタップします。

2.続いて「ダウンロード」をタップし、歯車のアイコンをタップします。

3.「ダウンロード場所」をタップすると、SDカードを挿入している場合はSDカードに変更できます。

「ファイルの保存場所を確認する」をオンにしておくと、ファイルをダウンロードするたびに、都度保存先を確認する画面が表示されます。

クラウドストレージを活用してダウンロードファイルの保存先を広げる

スマホは、購入後にスマホ本体のストレージ容量を拡張できないケースが多く、たくさんのファイルをダウンロードしたり、写真や動画を撮影したりすると、ストレージが不足してしまうことがあります。

そこで、クラウドストレージを活用して、スマホの内部ストレージを圧迫しないように工夫するのがおすすめです。クラウドストレージとは、インターネット上でファイルの保管ができるサービスです。

iPhoneの場合はiCloud Drive、Androidの場合はGoogle Driveが使いやすいでしょう。また、パソコンと連携することが多い人は、OneDriveやDropBoxという選択肢もあります。

iPhoneの場合はダウンロード先をiCloud Driveに設定すれば、iPhoneの内部ストレージに保存されることはなくなります。

Androidの場合は、Files by Googleアプリを使ってGoogle Driveにバックアップを保存することで、スマホ内部からは削除してもクラウドストレージからファイルを探せます。

しかし、クラウドストレージでファイルを管理する際は、毎月のデータ利用量に注意が必要です。モバイルデータ通信を利用してクラウドストレージへファイルを転送すると、あっという間にデータ利用量の上限に達してしまいます。

クラウドストレージを利用する場合は、データ利用量に余裕がある料金プランか、Wi-Fi®を利用するといいでしょう。

ダウンロードしたファイルの保存先はファイルアプリで探そう

ダウンロードしたファイルの保存先はiPhoneの「ファイル」や、AndroidのFiles by Googleアプリで簡単に調べられるため、すぐに見つけられます。

たくさんダウンロードファイルがあるときは、クラウドストレージも活用して、スマホの内部ストレージを圧迫しないことも大切です。

しかし、クラウドストレージを利用するとデータ利用量が大きくなってしまうので、その点には注意しておきましょう。

スマホ本体のデータ利用量が気になる方は、スマホの買い替えや携帯電話会社の乗り換えも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルの料金プランでは、データ利用量に合わせて料金が自動的に変わるため、たくさん使う人にもあまり使わない人にもおすすめの料金プランです。

家族割引適用※で、3GBまでは880円/月(税込968円)、20GB超過後はどれだけ使っても2,880円/月(税込3,168円)とデータ使い放題※1なので、データ容量を心配せず快適な通信をご体験いただけます。
プログラム適用条件あり。詳細はこちらをご確認ください。

ぜひ楽天モバイルをご検討ください。

※Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
※iPhoneはApple inc.の登録商標です。

  • 家族割引適用で、0GB〜3GBまで880円/月(税込968円)
  • 家族割引適用で、3GB超過後〜20GBまで1,880円/月(税込2,068円)
  • 家族割引適用で、20GB超過後〜どれだけ使ってもデータ高速無制限2,880円/月(税込3,168円) ※1
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※2
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※3

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 公平なサービス提供または環境により速度低下する場合あり
※2 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。データタイプのお申し込みでは、データ通信のみの利用となり通話・Rakuten Linkアプリはご利用いただけません。
※3 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※ 掲載内容はプラン名・サービス内容の変更によって、一部内容を修正する可能性がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : お役立ち