「Appのバックグラウンド更新」とは?注意点を解説

「Appのバックグラウンド更新」とは?注意点を解説
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.07.21

「Appのバックグラウンド更新って、アプリがたくさんデータ容量を消費すると聞いたけど本当?」「Appのバックグラウンド更新をオフにしても大丈夫?」と不安になっている方もいるのではないでしょうか。

iPhoneには、アプリを使っていないときもバックグラウンドで更新を行う「Appのバックグラウンド更新」という機能があります。

バックグラウンド更新とは、iPhoneの画面を表示していない場合や、別のアプリを使用している場合など、操作していない状態でも、バックグラウンド(裏側)でデータ通信を行ったり、位置情報を取得したり、そのほかさまざまなプログラムの処理を行っている状態を指します。

バックグラウンド更新によって、メールやSMSが遅延なく届いたり、最新のニュースやアプリのプッシュ情報、現在位置に紐付いた地図情報や天気予報などをチェックできます。

しかし、気付かないうちにデータ利用量が増えたり、バッテリー残量がすぐに減ったりしてしまうなどのデメリットもあります。

そこで今回は、Appのバックグラウンド更新をオンにした際に発生するデータ利用量の調べ方や、オフにした場合の注意点について解説していきます。

目次

Appのバックグラウンド更新とは?

「Appのバックグラウンド更新」とは、iPhoneの画面上で操作しているアプリからほかのアプリに切り替えたとき、アプリが見えない状態でも動作させて、アップデートや新着情報がないか確認する機能です。

たとえば、ほかのアプリを操作しているとき、地図アプリは常にバックグラウンドで位置情報を更新します。あらためて地図アプリに切り替えるとすぐに現在地が分かるのは、バックグラウンド更新が行われているからです。

スムーズに最新データが利用できるAppのバックグラウンド更新ですが、頻繁にデータ通信が発生するため、データ利用量が増加してしまったり、バッテリーの消費が早まったりするデメリットもあります。

ストリーミングについてはこちら

Appのバックグラウンド更新の設定方法

「Appのバックグラウンド更新」の設定をするには、「設定>一般>App のバックグラウンド更新」の順にタップします。

次に、「Appのバックグラウンド更新」をタップします。

Appのバックグラウンド更新の設定画面で、「オフ」、「Wi-Fi」、「Wi-Fiとモバイルデータ通信」から選びます。

「オフ」を選ぶとすべてのアプリの更新が停止し、「Wi-Fi」を選んだ場合は、Wi-Fiに接続しているときのみ更新します。

「Wi-Fiとモバイルデータ通信」を選んだ場合は、Wi-Fiに接続しているときと、携帯電話会社のデータ通信も利用して更新します。

個別にアプリのバックグラウンド更新を切り替える場合は、アプリのスライドをオン・オフすることで、ひとつずつ設定できます。

Appのバックグラウンド更新をオフにした場合のデメリットと注意点

Appのバックグラウンド更新をオフにすると、データ利用量やバッテリーの消費を節約できますが、デメリットもあります。

たとえば、地図などの位置情報を取得するアプリが自動で更新されない、動画や音楽などのストリーミングサービスの画面を切り替えたら再生が止まる、メッセージアプリの自動バックアップが止まるなど、さまざまなアプリに影響を及ぼします。

Appのバックグラウンド更新をオフにするときは、常に情報更新をする必要がないアプリなのか考えてから設定しましょう。

Appのバックグラウンド更新に使われるデータ容量の調べ方

iPhoneには消費したデータ容量を計測する機能がありますが、そのデータ容量の内、どれくらいバックグラウンド更新で利用しているか確認する方法はありません。

しかし、アプリの利用状況から、バックグラウンド更新で使ったデータ容量を推測することができます。

1)アプリがバックグラウンドで動作していた時間を調べる
各アプリがバックグラウンドで動作していた時間を調べるには、「設定>バッテリー」の順にタップします。

次に「アクティビティを表示」をタップします。

「画面上(前面)」が画面上に表示して操作している時間、「バックグラウンド(背面)」がアプリを画面上で操作していないときに動作している時間です。

「バックグラウンド(背面)」の時間が長いほど、画面上で操作していないときに処理を行っていたことが分かります。

2)アプリごとのデータ利用量を調べる
実際のアプリのデータ利用量を調べるには、「設定>モバイル通信」で、データ利用量の一覧を表示します。

操作している時間が少ない、あるいは操作していないにもかかわらずデータ利用量が多いアプリは、バックグラウンド更新でデータ通信を行っているアプリであることが確認できます。

このように各アプリの利用状況やデータ利用量を把握してから、Appのバックグラウンド更新をオフにするか検討すると良いでしょう。

Appのバックグラウンド更新の更新頻度はどれくらい?

バックグラウンド更新の頻度はアプリによって異なります。ブラウザやカメラなどの画面上で操作するアプリは、ほとんどバックグラウンド更新は行われません。

一方、地図や歩数計などの位置情報を利用しているアプリは、位置情報を送受信するため頻繁にデータの更新を行っており、データ利用量が多くなりがちです。

これらのアプリを複数同時に利用していると、バックグラウンド更新の頻度が高くなり、データ利用量が増えるだけでなくバッテリーの消費も早くなってしまいます。

Appのバックグラウンド更新をオフにする以外のデータ通信節約方法

Appのバックグラウンド更新をオフにする以外でデータ利用量を節約するには、いくつかの方法があります。

1)「設定>モバイル通信」でデータ利用量が多いアプリを確認し、Wi-Fiのみに制限する
データ利用量が多いアプリを確認し、右側のスライドをオフにすることでデータ利用量を節約できます。モバイルデータ通信が制限されるため、Wi-Fiにつながっている状態のみデータ通信を行うようになります。

2)アプリの自動アップデートをオフにしておく
iPhoneは、ダウンロードしたアプリを自動でアップデートする機能があり、いつの間にか膨大なデータをダウンロードしてしまうことも少なくありません。

それを避けるためには、「設定>App Store」で、自動ダウンロードの項目にある「Appのアップデート」と、モバイルデータ通信の項目にある「自動ダウンロード」をオフにしておきましょう。

3)不要な位置情報サービスはオフにする
スマホの位置情報サービスは、GPSやWi-Fi、携帯電話基地局、Bluetoothなどを利用して、詳細な位置を計測しています。

「設定>プライバシー>位置情報サービス」で各アプリの許可状況を確認し、地図アプリやカーナビアプリ、ランニングアプリのような常に位置情報が必要なアプリ以外は、「許可しない」もしくは「このAppの使用中のみ許可」にします。

4)Wi-Fiアシストをオフにする
Wi-Fiアシストは、Wi-Fiの接続状況が良くないときに、自動的にモバイルデータ通信に切り替える機能です。Wi-Fiの電波が弱いとモバイルデータ通信を使ってしまうため、意図せずしてデータ利用量が増加してしまう原因のひとつです。

使用しない場合は、「設定>モバイル通信」にある「Wi-Fiアシスト」でオフにしましょう。

5)使用頻度が低いWi-Fiの情報は削除し、外出時はWi-Fiの利用をオフにしておく
iPhoneは登録済みのWi-Fiから接続できるWi-Fiを探すため、バックグラウンドでデータ通信を行ったり、バッテリーを消費したりします。日常的に使わないWi-Fiの情報は削除し、外出時はWi-Fiの利用をオフにしておきましょう。

6)動画アプリの再生設定を見直す
YouTubeなどの動画アプリの再生設定を見直し、画質を下げましょう。1080pを超える高画質の設定にすると、データ利用量が増えてしまいます。720p以下に設定するなど、視聴に影響がない程度に下げることで、データ利用量を節約できます。

7)SNSアプリの自動動画再生をオフにする
XやInstagramなどのSNSアプリには、投稿された動画を自動的に再生する機能があります。自動再生の設定をオフにすることで、動画再生でデータ利用量が増加するのを防げます。

節約をしなくてもデータ通信を思いきり使える楽天モバイルがおすすめ

Appのバックグラウンド更新は、常にデータ通信を行うことでアプリを最新データに保ってくれる機能です。

そのため、データ利用量を節約するためにAppのバックグラウンド更新をオフにすると、ほかのアプリを操作しているときに地図アプリの位置情報が更新されないなど、不便になってしまう場合があります。

データ利用量を節約するためにAppのバックグラウンド更新をオフにするのは不便と感じるなら、料金プランの見直しや携帯電話会社の乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルの料金プランは、データ通信を使わなければおトクになり、20GB超過後はどれだけ使っても2,980円/月(税込3,278円)と上限が決まっているため、バックグラウンド更新を「Wi-Fiとモバイルデータ通信」に設定しても安心です。

データ利用量を気にせずiPhoneのアプリを活用したい人は、楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか。

  • 家族割適用で、0GB〜3GBまで880円/月(税込968円)
  • 家族割適用で、3GB超過後〜20GBまで1,880円/月(税込2,068円)
  • 家族割適用で、20GB超過後〜どれだけ使ってもデータ高速無制限2,880円/月(税込3,168円) ※1
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※2
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※3

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 公平なサービス提供または環境により速度低下する場合あり
※2 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。データタイプのお申し込みでは、データ通信のみの利用となり通話・Rakuten Linkアプリはご利用いただけません。
※3 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※ 掲載内容はプラン名・サービス内容の変更によって、一部内容を修正する可能性がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : お役立ち