シャドウバンチェックとは?X(旧Twitter)のシャドウバンと解除方法を解説

シャドウバンチェックとは?X(旧Twitter)のシャドウバンと解除方法を解説
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024.04.16

「急に『いいね』やリプライがつかなくなったけど、なにか障害が発生しているの?」、「検索してもポストが表示されないのはなぜ?」と、疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

X(旧Twitter)で突然ポストがほかの人から見えなくなったり、リプライが表示されなくなったりする現象のことを「シャドウバン」と呼びます。

シャドウバンは特に警告もなく、急にほかの人からポストが見えなくなる現象で、ほかの人からは見えなくなっている一方で、自分からはシャドウバンされていることがわからないのが特徴です。

今回は、シャドウバンされる理由や、シャドウバンチェックの方法、解除方法を解説していきます。

目次

シャドウバンをチェックする3つの方法

シャドウバンはX(旧Twitter)の画面上になんらかの通知が表示されるものではありません。そのため通常は、ポストに対する「いいね」やリプライがなくなり、インプレッションが下がることで気付きます。

シャドウバンかもしれないと思ったら、以下の3つの方法で確認してみましょう。

1)Xの検索で調べてみる
XのWebアプリもしくはスマホアプリで、検索欄に「from:自分のユーザーID」を入力し、検索してみましょう。

検索結果に自分の投稿が表示されない場合、「サーチバン」という種類のシャドウバンになっている可能性があります。

検索結果の表示だけでなく、リプライが表示されないなどのさまざまなシャドウバンについて検索したい場合は、「高度な検索」機能を使うことでひとつずつ調べていくことができます。

2)シャドウバンチェッカーなどのツールを使用する
さまざまなシャドウバンの状況について「高度な検索」機能を使って調べることができますが、とても手間がかかります。

そこでおすすめなのが、自分のIDを入力するだけで各種シャドウバンの状況を一括で確認できるシャドウバンチェッカーというツールです。なお、シャドウバンチェッカーはXが提供しているツールではないため、利用する際はあくまでも自己責任となります。

シャドウバンされていなければ、画面のようにすべの項目が緑で表示されます。もしシャドウバンされている場合、該当する項目が赤字で表示されるので、どの種類のシャドウバンが課せられたのかすぐにわかります。

3)ブラウザの拡張機能を入れてチェックする
ブラウザの拡張機能の中には、シャドウバンをチェックする機能を持った拡張機能があります。

この拡張機能は、単純にシャドウバンをチェックするだけでなく、シャドウバンの原因になるといわれているセンシティブフラグを検出し、通知するなどの機能を持っています。

そもそもシャドウバンとは?

そもそも、シャドウバンはなんのために実施されているのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

シャドウバンは、本来はSNS上でのスパム行為や迷惑行為を防ぐためにXが行うペナルティといわれています。

シャドウバンの4つの種類

シャドウバンには4つの種類があり、それぞれペナルティの内容が異なります。違反の内容によっては、一度に複数のペナルティが課せられることもあるため、実質アカウント凍結と変わらない状態になってしまうこともあります。

1)サーチサジェッションバン(Search Suggestion Ban)
検索候補に表示されなくなるシャドウバンです。ハッシュタグや特定のキーワードで検索したときや、トレンドをクリックして言及しているポストを見たとき、結果に表示されなくなってしまいます。

ただし、シャドウバンされたユーザー本人と、「センシティブな内容を含むツイート」を表示する設定にしているユーザーには表示されます。

2)リプライデブースティング(Reply Deboosting)
誰かのポストに対してプライをしても「返信をさらに表示」を押さないと表示されないようになり、人目に触れにくくなります。

3)サーチバン(Search Ban)
「センシティブな内容を含むツイート」を表示する設定の有無にかかわらず、ポストが検索結果に表示されなくなります。

4)ゴーストバン(Ghost Ban)
リプライの一覧にツイートが表示されなくなります。スレッドバンとも呼ばれ、誰かにリプライをしても誰からも見えなくなってしまいます。

シャドウバンになる原因は?やってはいけないNG行為

シャドウバンになる原因はいくつかあると考えられていますが、基本的に人に迷惑をかけたり、攻撃的な言動をポストしたり、スパム行為を繰り返したりすると、シャドウバンになるといわれています。

シャドウバンを繰り返すと、シャドウバンを受ける頻度が高くなり、アカウントが永久凍結になることもあります。

とはいえ、システムの誤認によりアカウントが停止されてしまう、いわゆる誤BANも非常に多いため、絶対に自身のポストに原因があるとも限りません。ひとつの目安として把握しておくとよいでしょう。

それでは具体的に、シャドウバンになる原因といわれているNG行為を見ていきましょう。

ポストの内容に問題がある

同じような内容のポストを繰り返したり、誹謗中傷や差別的、暴力的なポストをしたり、性的なコンテンツをポストすると、シャドウバンになることがあります。

SNSは基本的に開かれた場所であり、ほかのユーザーが不愉快になることをすると、迷惑行為とみなされてシャドウバンされてしまいます。

BOT(自動投稿)や予約投稿ばかりを利用している

ユーザー同士が交流することを促すため、報道機関や災害情報、政府広報などの公共性が高い一部のアカウント以外は、BOTや予約投稿ばかり利用しているとシャドウバンされることがあります。

スパム行為だけでなく、ブログなどの過去記事を自動投稿したり、予約投稿で挨拶ポストを入れていたりすると、通常の内容のポストをしていてもシャドウバンされるケースがあるので注意が必要です。

フォロー等の自動化ツールを利用している

リフォローなどXの操作を自動化するツールを利用すると、場合によっては利用規約の違反とみなされてシャドウバンされることがあります。

短期間に大量のフォローとリムーブ(フォロー解除)を繰り返す

短い期間に大量にフォローしてはリムーブを繰り返すとスパム行為とみなされ、シャドウバンされることがあるといわれています。

シャドウバンを解除するための方法

シャドウバンの解除に対する公式の見解や目安、方法は公開されていません。しかし、解除されたというユーザーの報告から、解除のためのおおよその方法はわかっています。

シャドウバンされたことが判明したら、以下の3つを試して、数日から1週間程度様子を見ましょう。

原因と思われるポストや画像、動画を削除し、数日投稿を控える

シャドウバンの原因と思われるポストや、関連する画像、動画を削除して、数日から1週間程度、ポストを控えましょう。

シャドウバン中は、Xからポストの内容を細かく監視されていると考えられています。問題がないアカウントであるとして解除されるまでは、新しくポストをせずにそっとしておくとよいでしょう。

予約投稿やBOTなどのツールを停止する

ツールの利用はシャドウバンの大きな要因として、よく挙げられています。心当たりがあるツールを停止して、数日間様子を見るだけでなく、基本的にツールの利用をしないようにしましょう。

プロフィールなどにも問題がないか確認し、修正する

ポストだけでなく、プロフィールに問題がある場合もシャドウバンの対象になる可能性があります。アイコンやヘッダー画像にも問題がないか、プロフィールの内容に攻撃的や差別的な内容を書いていないか、よく確認しましょう。

シャドウバンを回避するにはアカウントの信頼性をあげる

シャドウバンを回避する方法に関して、公式の見解はありません。しかし、長期間にわたって問題のないアカウント運用を行い、信頼性を挙げることが大切だと考えられています。

アカウントに対して、メールアドレスのほか、電話番号の登録をしておくことも、アカウントの信頼性を挙げるひとつの要素になると考えられているので、まだ登録していない場合は登録しておくのがおすすめです。

また、日常的に複数のユーザーと相互にリプライをしたり、新しいフォロワーを獲得したりして、長期間定期的に運用することも重要です。

ほかにもプレミアムなどの登録も効果的だといわれていますが、プレミアムのユーザーでもシャドウバンやアカウントの永久凍結を受けたという報告があるので、課金する場合は慎重に検討しましょう。

シャドウバンを避け、すぐに解除して貰うにはルールとマナーを大切に

シャドウバンはソーシャルネットワーク上での交流のマナーを守るために行われる措置です。

ほかのユーザーの迷惑にならないように気を付けてポストを行い、攻撃的な言動を避け、公序良俗に反しない利用の仕方をしていれば、基本的にシャドウバンを受けることはありません。

とはいえシステムの誤判定によってシャドウバンされてしまうこともあります。その場合は、数日待つことで解除されるでしょう。マナーを守って利用することで、SNSは安全に楽しめます。

Xを頻繁に使うと、画像や動画の投稿も多いため、データ利用量も多くなってしまいがちです。

そんなときは、スマホの料金プランの見直しも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルの料金プランでは、データ利用量に合わせて料金が自動的に変わるため、たくさん使う人にもあまり使わない人にもおすすめの料金プランです。

家族割引適用※で、3GBまでは880円/月(税込968円)、20GB超過後はどれだけ使っても2,880円/月(税込3,168円)とデータ使い放題なので、データ容量を心配せず快適な通信をご体験いただけます。
プログラム適用条件あり。詳細はこちらをご確認ください。

ぜひ楽天モバイルをご検討ください。

  • 家族割引適用で、0GB〜3GBまで880円/月(税込968円)
  • 家族割引適用で、3GB超過後〜20GBまで1,880円/月(税込2,068円)
  • 家族割引適用で、20GB超過後〜どれだけ使ってもデータ高速無制限2,880円/月(税込3,168円) ※1
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※2
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※3

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 公平なサービス提供または環境により速度低下する場合あり
※2 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。データタイプのお申し込みでは、データ通信のみの利用となり通話・Rakuten Linkアプリはご利用いただけません。
※3 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※ 掲載内容はプラン名・サービス内容の変更によって、一部内容を修正する可能性がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : お役立ち