iPhoneでeSIMを使う方法を解説!流れと注意点を紹介

iPhoneでeSIMを使う方法を解説!流れと注意点を紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.06.21

iPhoneが「eSIMに対応している」ことはご存知でしょうか?「そもそもeSIMってなに?」という方も多いかもしれません。

今回はこのeSIMをiPhoneで使う方法や、セットアップの手順、注意点を解説します。

目次

そもそもeSIMとは?

eSIM(embedded SIM)は、スマホに内蔵されたSIMのことです。SIMがあらかじめスマホに組み込まれているので、SIMカードを抜き差しする必要がありません。

eSIMをiPhoneで利用するための注意点と手順

現在、日本国内でeSIMに対応している携帯電話会社はまだ少数です。今回はその中でもeSIMの先駆的存在である楽天モバイルを例にして、利用方法を解説していきます。eSIMを利用するには、まず下記2つの注意点を抑えておきましょう。

  1. eSIMを使用する際には、SIMフリーの機種を用意するか、またはSIMロックを解除しておく必要があります。
  2. 楽天回線をご利用いただくには、最新のOSへアップデートが必要です。

初期設定中に「ソフトウェア・アップデート」の案内が表示された場合は、案内に
沿ってアップデートを行ってください。
詳しい情報や解決方法はこちらのページをご覧ください。

iPhoneのeSIM対応を確認する方法

楽天モバイルで取り扱っているeSIM搭載のiPhoneは、以下です。
  • iPhone 14 Plus、iPhone 14、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 13 mini、iPhone 13、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max
  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12、iPhone 12 Pro ※

日本以外でiPhoneに対応したeSIMを探すには、公式サイトの一覧を確認してください。
※ iOS14.1以降

iPhoneでeSIMを利用する手順

iPhoneにeSIMの設定をするには、まず、以下の準備を行います。

  • Wi-Fi環境への接続、または別のモバイルネットワークへの接続
    eSIMのアクティベーションにはインターネットへの接続が必要です
  • 「my 楽天モバイル」アプリのインストールとログイン
    IDとパスワードは楽天会員ログインと同じものを使用します
    https://www.rakuten.co.jp/myrakuten/help/
  • eSIM設定用のQRコードの用意
    アクティベーション用のQRコードを用意します。QRコードは「my 楽天モバイル」アプリから電子本人確認「AIかんたん本人確認(以下、eKYC)」を利用して申し込みをした場合は、「my 楽天モバイル」のサイト上で確認できます。

アクティベーション用のQRコードは、パソコンからの申し込みやeKYCを使わずに申し込みをした場合、スタートアップガイドとともに送付されます。

  1. カメラアプリを起動し、用意したQRコードを読み取ります。
  2. QRコードをカメラが認識すると、画面上部に「タップしてこのモバイル通信プランを表示」というメッセージが表示されるのでタップします。
  3. 「モバイル通信プランのインストール」という画面が表示されます。下部の「続ける」をタップしてください。
  4. インストールが完了すると、「モバイル通信プランを追加」画面が表示されます。下部の「モバイル通信プランを追加」をタップしてください。
  5. プランの名称を選択できます。基本的に変更は不要ですが、複数のモバイル通信プランを使い分ける場合はわかりやすい名称にしたほうが良いでしょう。
  6. 複数のモバイル通信プランがある場合は、デフォルト回線を選択します。今回は楽天モバイルを副回線に設定したので、副回線を選択して「続ける」をタップします。

iMessageとFaceTimeの設定を行います。使用するモバイル通信プランを選択して「続ける」をタップします。以上でeSIMの設定は完了です。

iPhone以外でeSIMの利用をしたい場合

eSIM対応のスマホはAndroidでも機種が増えています。楽天モバイルでは、以下の機種に対応しています。(※2021年4月現在)

  • Rakuten BIG s
  • Rakuten Hand
  • Rakuten BIG
  • Rakuten Mini
  • OPPO A73
  • AQUOS sense4 lite
  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • Google Pixel 4a
  • Google Pixel 4a (5G)
  • Google Pixel 5

RakutenのスマホでeSIMを使うには

eSIMのアクティベーションは、iPhoneと同様にQRから行います。今回はRakuten Handを使用してeSIMを設定する方法を解説します。

Rakuten HandでeSIMを設定するには以下の2つの方法があります。

  1. 初期設定の中でeSIMのQRコードを読み取って設定する方法
  2. 使用中のRakuten Handに新しいeSIMを追加する方法

それぞれについて解説していきます。

  • 初期設定でeSIMを追加する方法
    こちらの公式解説ページを参照してください。
  • 使用中のRakuten HandにeSIMを設定する方法
  1. まず設定画面を開き、「ネットワークとインターネット」をタップします。
  2. 次に「モバイルネットワーク」をタップし、「携帯通信会社」をタップします。
  3. 「携帯電話会社」の画面で「携帯電話会社を追加」をタップすると、QRコードを読み込むためのカメラが起動します。QRコードをカメラで取り込んでください。
  4. 「Rakutenを使用しますか?」と表示されたら、右下の「開始」をタップします。この作業は読み込みにしばらく時間がかかります。「番号を追加しています」と表示されている間はスマホの操作をせずに待機してください。

「1件の番号を追加しました」と表示されたら「完了」をタップして、eSIMの設定を終了します。

eSIMをiPhoneで利用するなら、楽天モバイルで

eSIMはスマホに内蔵された一体型なので、差し替えの手間や紛失の心配もなく、契約してすぐに使えます。設定方法もQRコードを読み込むだけなので、SIMカードトレイを上手く引き出せないという苦労もありません。

また、iPhoneをデュアルSIMの環境で使用するには、現時点ではSIMカードとeSIMの組み合わせのみになります。

楽天モバイルなら、「楽天回線エリア 高速でデータ使い放題(※1)」「パートナー回線エリア データ容量 5GB/月 超過後は最大1Mbpsで使い放題(※2)」「Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題(※3)」で、料金を気にすることなくスマホを利用できます。eSIMをiPhoneで利用するなら楽天モバイルがおすすめです。
楽天モバイルの料金プランなら、データ通信を使った分に合わせて料金が自動的に変わるので、たくさん使う人もあまり使わない人にとっても最適な料金プランです。

  • 家族割適用で、0GB〜3GBまで880円/月(税込968円)
  • 家族割適用で、3GB超過後〜20GBまで1,880円/月(税込2,068円)
  • 家族割適用で、20GB超過後〜どれだけ使ってもデータ高速無制限2,880円/月(税込3,168円) ※1
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※2
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※3

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 公平なサービス提供または環境により速度低下する場合あり
※2 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。データタイプのお申し込みでは、データ通信のみの利用となり通話・Rakuten Linkアプリはご利用いただけません。
※3 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※ 掲載内容はプラン名・サービス内容の変更によって、一部内容を修正する可能性がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。