モバイルルーターってなに?便利な使い方や選び方を詳しく解説

モバイルルーターってなに?便利な使い方や選び方を詳しく解説
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.04.01

外出先でパソコンやゲーム機をインターネットにつなぐために、無料のWi-Fiや、スマホのテザリングを利用している方は多いのではないでしょうか。

しかし、無料のWi-Fiではデータ流出などの「セキュリティが心配」、「データ速度が遅い」、「場所が縛られて不自由」という不安や不満、スマホのテザリングでは「バッテリーやデータ容量の残りが気になる」という心配があります。

そのような場合は、無料のWi-Fiやテザリングの代わりに、モバイルルーターを使ってみてはいかがでしょうか。

今回はモバイルルーターの使い方や安全性、料金プランや選び方などを解説します。

目次

モバイルルーターとは一体どんなもの?構造や使い方を知ろう

モバイルルーターは持ち歩きができる小型のWi-Fiルーターです。データ通信ができるSIMカードを挿して、スマホと同じように携帯電話回線を利用します。

Wi-Fi親機として機能するので、パソコンやゲーム機、スマホをWi-Fiで接続すると、携帯電話回線を通じてインターネットが利用できるようになります。

モバイルルーターの種類やバッテリー容量にもよりますが、多くの製品が10時間前後は連続で通信ができ、10~20台程度の同時接続が可能です。
※連続通信時間(Wi-Fi)は使用状況や使用環境により異なります。

モバイルルーターはスマホのテザリングと同じ技術を使っており、本体に単独で通信機能が組み込まれています。

モバイルルーターはこんな方におすすめ!便利な使い方やメリット

モバイルルーターは、外出先でネットを利用して仕事をする方や、外出先でゲーム機をインターネットに接続して遊ぶことが多い方に向いています。

たとえば、リモートワークでカフェ、コワーキングスペースなどを利用する場合、Wi-Fi環境が整っていなかったり、セキュリティに不安を感じたりすることがあります。

このようなときにモバイルルーターがあれば、どこへでも持ち歩けて、好きな場所でインターネットに接続できます。

また、データ通信はスマホと同様に高いセキュリティで保護されているため、セキュリティ面でも安全です。

テザリング?モバイルルーター?どっちが便利?

スマホのテザリングとモバイルルーターのWi-Fiは、同じ技術を使っています。

そのため、同じ携帯電話会社を利用している場合、データ通信の回線品質に根本的な違いはありません。

短時間だけたまに使う程度という方は、わざわざモバイルルーターを契約する必要はないでしょう。スマホがあればすぐに使えるテザリングが手軽でおすすめです。

しかし、テザリングはスマホのバッテリー容量を大量に消費してしまうので、長時間頻繁に使用する場合は、いざスマホを使おうとしたときにバッテリー不足になってしまうなど、不便なことも少なくありません。

一時的に接続するだけならテザリングでも問題ありませんが、外出先で頻繁にWi-Fiを使用したいのであれば、モバイルルーターの方が便利です。

モバイルルーターの通信は安全性が高い

公共の無料Wi-Fiは、データが暗号化されない状態で接続されてしまう場合も少なくありません。

暗号化されていないWi-Fiに接続すると、通信内容を盗み見られたり、スマホに侵入して位置情報を監視されたり、遠隔操作をされて予期せぬデータの流出につながります。

また、店舗などが提供する無料Wi-Fiが暗号化され、パスワードが設定されていたとしても、悪意のある第三者が暗号化キーを公開しているケースもあり、安全とは言い切れません。

一方、モバイルルーターはスマホと同じ電波を使うので、しっかりと暗号化され、高い安全性が保たれています。

自分以外の誰も接続していないクローズドなWi-Fiなので、他人に盗み見をされる心配もありません。

カード情報や個人情報のやりとり、仕事のデータを扱うなら、公共の無料Wi-Fiよりも、モバイルルーターがおすすめです。

一人暮らしなら自宅の固定回線と兼用で使える

一人暮らしで外出や移動が多い仕事の場合、「自宅で固定回線を使う機会がほとんどない」、「休日に少し動画や音楽配信を利用する程度で、普段はメールを見るくらい」という方も珍しくありません。

このようなときにモバイルルーターであれば、自宅の固定回線を兼ねて使用できます。

光回線と設置型のWi-Fiルーターを設置するよりもコスパがよく、無駄がありません。

モバイルルーターの選び方は?注目したい3つのポイント

自分に適したモバイルルーターを選ぶとき、以下の3つのポイントに着目しましょう。

  • 利用できるデータ容量と料金プラン
  • モバイルルーターを提供している携帯電話会社
  • 長期的に利用した場合の料金プラン

利用できるデータ容量は料金プランで異なる

すべてのモバイルルーターの料金プランが、データ容量無制限というわけではありません。毎月利用できるデータ容量が決まっている料金プランもあります。

また、一定の期間に利用できるデータ容量が決まっているケースもあります。

これは、同じ基地局に接続しているほかのユーザーも公平にデータ通信ができるようにするための措置で、帯域制限(帯域制御)と呼びます。

帯域制限の条件は各社異なりますが、制限を受けるとデータ速度が急激に低下するので注意が必要です。

モバイルルーターの携帯電話会社にも注目する

モバイルルーターの多くは、格安スマホ同様に、携帯電話会社から回線を借りたMVNO(仮想移動体通信事業者)です。

MVNOについての詳細はこちら。
格安スマホについての詳細はこちら。

そのため、安価な料金プランだけに注目すると、実際に利用したらつながりにくかったり、データ速度が遅かったりという問題に直面することがあります。

安定したデータ通信を利用したいのであれば、大手携帯電話会社が直接提供しているモバイルルーターを選ぶのがおすすめです。

料金プランは長期間の利用も見据えて確認する

モバイルルーターの料金プランは、2年ないし3年の利用を条件に、料金プランが割引になるオプションを提供しているケースがあります。

また、長期間利用していると割引期間が過ぎて、料金プランが値上がりすることもあるため、長く使っていく場合も含めて料金プランを検討しなければなりません。

契約更新時期を考え、しっかりと契約を見直さないと、いつの間にか割高になっているということもあります。契約更新月以外には、数万円の高額な契約解除料が発生するケースもあるので注意が必要です。

楽天モバイルでモバイルルーターを使いこなそう

モバイルルーターを提供している携帯電話会社は、さまざまな料金プランや利用条件を展開しており、自分に適したモバイルルーターを選ぶのも一苦労です。

そこで、「どのモバイルルーターが良いのかわからない…」と契約を迷っている方には、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルの料金プランなら、データ通信を使った分に合わせて料金が自動的に変わるので、たくさん使う人もあまり使わない人にとっても最適な料金プランです。

外出が多く、モバイルルーターを多く使う月でも、あまり利用しなかった月でも、データ容量とプラン料金に無駄がありません。

さらに、契約期間に基づく複雑な料金プラン設定もなく、万が一の契約解除料もかかりません。「とにかくシンプルなプランでモバイルルーターが使いたい!」という方には特におすすめです。

楽天モバイルのSIMカードは、スマホでもモバイルルーターでも同じように利用できるので、もしモバイルルーターを使わなくなったという場合でも、スマホに挿入すれば通話やデータ通信ができます。

また、楽天モバイルのオリジナル・モバイルルーター「Rakuten WiFi Pocket 2C」は、使いやすくスタイリッシュで、ノートパソコンやゲーム機、スマホ、タブレットなどを最大16台まで接続できます。

「持ち歩きが便利で操作がシンプルなモバイルルーターが良い」という方は、ぜひ楽天モバイルの契約とあわせて購入してみてはいかがでしょうか。

「Rakuten WiFi Pocket 2C」について、詳しくはこちら。

  • 家族割適用で、0GB〜3GBまで880円/月(税込968円)
  • 家族割適用で、3GB超過後〜20GBまで1,880円/月(税込2,068円)
  • 家族割適用で、20GB超過後〜どれだけ使ってもデータ高速無制限2,880円/月(税込3,168円) ※1
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※2
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※3

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 公平なサービス提供または環境により速度低下する場合あり
※2 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。データタイプのお申し込みでは、データ通信のみの利用となり通話・Rakuten Linkアプリはご利用いただけません。
※3 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※ 掲載内容はプラン名・サービス内容の変更によって、一部内容を修正する可能性がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。