iMovieの使い方を簡単解説!iPhoneで動画を編集する方法

iMovieの使い方を簡単解説!iPhoneで動画を編集する方法
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023.08.30

SNSや動画サイトに投稿するために、動画を編集したいと思ったとき、「動画編集にはどのアプリを使えばいいのだろう?」と迷うことはよくあります。そんなとき、もしiPhoneを利用しているなら、iMovieを利用するのがおすすめです。

iMovieとはApple社の公式アプリのひとつで、iPhone以外にも、MacやiPadで利用できる動画編集アプリです。

動画の不要な部分を切り取る機能はもちろん、文字を挿入したりBGMを追加したり、SNSや動画サイトに投稿するための動画を簡単に編集できるのが特長です。

今回はiMovieを使った動画編集について、写真や動画、BGMや文字を追加する方法などを解説します。

目次

iMovieとはどんなアプリ?特長を解説

iMovieはApple社が提供している無料の動画編集アプリで、iPhoneのほか、iPod touch、iPad、Macでも利用できます。iPhoneやMacなどに標準アプリとしてインストールされているので、新しくインストールする必要はありません。

iMovieは、直感的に操作できるので、動画編集がはじめての方でも簡単に使えるのが特長です。動画の編集はもちろん、写真を組み合わせて動画を作ることもできるので、思い出の写真を使ってスライドショーを作ることもできます。

さらに、さまざまなエフェクトやフィルタがあり、サウンドトラックも提供されているので、簡単に見栄えのする動画が作れます。

また、AirDropやiCloud Driveを使えば編集中のデータを移動できるので、iPhoneからMacへデータを移して、大きな画面で編集を加えることもできます。

iMovieの基本的な使い方

「iMovie」のアプリを起動すると、プロジェクト画面が表示されます。「新規プロジェクトを開始」の下部にある、「ムービー」をタップします。


「モーメント」内の写真や動画の一覧が表示されるので、編集したい動画を選択し、一番下の「ムービーを作成」をタップします。

読み込まれた動画から不要な部分をカットするには、タイムラインをタップして、黄色の太い線を指でスライドさせると、動画を短くカットできます。

編集を完了するには左上の「完了」をタップし、名前を付けます。

動画をプロジェクト画面から表示し、画面下の共有ボタンをタップすると、動画の保存やSNSなどへの共有ができます。

iMovieで魅せる動画を作る3つのテクニック

1)文字入れをする
テキストテロップ(文字入れ)は画面下段の「T」マークをタップします。

テキストスタイルを選んで文字を入力することで、動画に文字が挿入できます。

2)BGMを追加する
BGMはタイムラインの「+」マークをタップし、選択画面で「オーディオ」をタップします。

次に「サウンドトラック」、または「マイミュージック」をタップします。

好きな曲を選択して、「+」マークをタップすると動画に音楽が挿入されます。

設定したBGMは、動画の開始時にだんだんと音量を大きくしたり、動画が終わるにつれて音量を小さくしたりすることができます。設定する場合は、挿入した音楽を選択して画面下部の「スピーカー」マークをタップします。

次に右下の「フェード」をタップすると、タイムライン上に「▼」マークが表示されます。右端の「▼」マークを左にスライドさせることで、音量を調節できます。

3)別の動画や写真を追加する
動画や写真の追加は、タイムラインの「+」マークをタップします。動画を追加する場合は、選択画面で「ビデオ」をタップしましょう。

次に、「すべて」をタップすると、iPhoneに保存されている動画が表示されます。一覧の中から挿入したい動画をタップして、「+」マークをタップすると、動画が挿入されます。

しかし、複数の動画をつなぎ合わせると、動画のつなぎ目が不自然になってしまいます。動画のつなぎ目をスムーズにしたいときには、「▶◀」マークをタップしてトランジションを選択すると、動画に場面を切り替えるエフェクトを挿入できます。

iMovieで動画を作るときの注意点

iMovieで動画を作ってシェアするときに、注意したいことが3つあります。

1)動画の長さやファイルサイズに注意
投稿できる動画の長さは、SNSや動画サイトによって異なります。長すぎる動画はアップロードできないことがあるので、投稿したいSNSや動画サイトの仕様をしっかり確認しましょう。

また、動画はファイルサイズが大きいため、投稿時には多くのデータ容量を消費します。動画を投稿するときにはデータ容量の残りに注意しましょう。

2)ほかの人の顔などに注意
動画に、自分以外のほかの人が映っている場合は、映っている人に許可を得てから動画を投稿しましょう。相手の許可なく公開すると、プライバシーを侵害してしまい、トラブルの原因になる恐れがあります。

通りすがりの人が映っている場合は、顔をぼかすなどの加工をするようにしましょう。

3)BGMや写真の利用条件と著作権に注意
流行の曲だからといって、無断で楽曲を使うことはできません。楽曲には著作権があるため、動画に楽曲を使う場合は使用許諾の申請や使用料の支払いが必要になることがあります。

また、無料で使用できるBGMでも、商用利用は不可などの使用条件が設定されていることがあります。利用する前に、必ず楽曲の権利と使用条件を確認しましょう。

自分が撮影したわけではない写真や動画、ほかの人が作成した画像も同様に、撮影者や作成者に著作権があります。無断で使用すると著作権の侵害になり、権利者に訴えられるケースもあります。

楽天モバイルなら、iMovieで作った動画をシェアするときもデータ利用量を気にしなくて大丈夫!

iMovieがあれば、iPhoneで撮った動画をその場で編集し、SNSや動画サイトに投稿したり、友達にシェアしたりすることができます。

しかし、旅行や遊びに出かけて撮った動画をすぐにシェアしたいとき、必ずしもWi-Fi®環境があるとは限りません。動画は写真よりもファイルサイズが大きいので、短い動画であってもデータ容量を大量に消費してしまいます。

そこでおすすめなのが楽天モバイルです。楽天モバイルはデータ通信をどれだけ使っても最大2,980円/月(税込3,278円)※とプラン料金の上限が決まっているため、安心して動画をシェアできます。

※製品代、オプション料、通話料等は別費用。

また、iMovieでクオリティの高い動画を作るには、iPhoneのシネマティックモードで撮影するのがおすすめです。シネマティックモード※は、iPhone 13以降のモデル※に搭載されており、背景を美しくぼかした動画が撮影できます。

※詳しいiPhoneのシネマティックモードについてはこちらをご参照ください。
※最新のiPhoneについてはこちらをご参照ください。

iMovieを使いこなしてクオリティの高い動画を作るなら、ぜひiPhoneを賢く買える楽天モバイルをご検討ください。

  • 家族割適用で、0GB〜3GBまで880円/月(税込968円)
  • 家族割適用で、3GB超過後〜20GBまで1,880円/月(税込2,068円)
  • 家族割適用で、20GB超過後〜どれだけ使ってもデータ高速無制限2,880円/月(税込3,168円) ※1
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題※2
  • iPhone(iOS 14.4以降対象)をご利用の場合は条件をご確認ください。※3

※ 製品代、オプション料、通話料等は別費用。
※1 公平なサービス提供または環境により速度低下する場合あり
※2 アプリ未使用時30秒20円(税込22円)。一部対象外番号あり。データタイプのお申し込みでは、データ通信のみの利用となり通話・Rakuten Linkアプリはご利用いただけません。
※3 iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)をiOS 14.4/14.4.1/14.4.2のバージョンでご利用になる場合、110/118/119への緊急通話で高精度な位置情報測位の正確性が低下します。iOS 14.5にアップデートすることで高精度な位置情報測位に対応いたします。楽天モバイルのご利用にあたり、iOS 14.4以降ならびにキャリア設定の最新バージョンへのアップデートをお願いいたします。
※ 掲載内容はプラン名・サービス内容の変更によって、一部内容を修正する可能性がございます。

  • この記事の情報は掲載開始日時点のものとなります。
  • 掲載内容は予告なく変更されることがありますのでご了承ください。
CATEGORY : お役立ち